本日も相場の転換点の可能性が高く、要注意な相場になりそうです。

このような相場で一つ皆さんにぜひ知っていただきたい情報があります。

トレードも皆さんの日常生活と同じように個々の「癖」があることをご存知ですか?

例えば、ご飯を食べた後に「すぐ食器を洗う人」と「まとめて後日洗う人」がいるとおもいます。

日常生活では、全く問題ありませんが、トレードにおいてはどうでしょうか?

大きく指標が動く際に、エントリーしがち。。。

など、悪い癖は自分をさらに追い込んでしまいます。

勝ちトレーダーになる為には、まず「自分の癖知る」ことから始めていきましょう。

そして、なぜ今このタイミングでこのような事を言うのか。についても言及いたします。

基本的にトレンドでは多くの人がコツコツ勝てるのは当然です。
けれども、そのトレンドが転換して、違うトレンドになる時に、そのトレンドを受け入れることができず、いつまでも逆張りをしている人がいます。

そう、「いままで勝てていたトレンドはまだ終わるわけない。」そう自分に思い込ませているのです。

その結果、損切りが出来ず、損失が何倍にも膨らんでしまうのです。

そのようなケースに当てはまる方に、ぜひ対処法をお伝えようと思います。

それは

「転換点では相場に参加しない」

ということです。

具体的な理由としては、恋愛を例にしてみます

なかなか、元彼と縁を切ることができない人の共通点として、「会いたい」と言われて断りきれず「会ってしまう」人がほとんどです。
その結果、その彼氏に情がうつり、また面倒を見てしまう。そう、ダメンズウォーカーの特徴です。

そんな時は、思い切って彼に伴う全ての情報を遮断します。

トレードも上記と同じです。

「エントリーしたい。」と思っても、損切りができないタイプの人はエントリーしてはいけません。

それよりも、新しいトレンドができたときにまた参加すれば良いのです。

トレンドは1〜2週間ほど続きますし、1日で大きく負けてしまうような転換点で参加することは得策ではないのです。

どうでしたか?

今回は当てはまる人も多いと思いますし、もっさん自身もそのような経験はあります。経験したからこそ、改善する事ができました。

皆さんの利益を心から応援させていただきます!

ブログランキングにも参加したので、クリックお願いします。


為替・FXランキング