それでは、本日は資金管理講座の「決済編」
について、やっていきたいと思います。

まず、「決済」には2通りあります

それは、「利確」「損切」です。

利確に関しては嬉しい限りですが、
やはり皆さんが苦手としているのが「損切」ですよね。

本日は皆さんが
「なぜ損切りを苦手とするのか。」
に触れながらお伝えしたいと思います。

それでは、アメリカで行われたある実験の例を元にしてみたいと思います

被験者に1万円をあげ、その嬉しい数値を1〜10にしてもらいました。
そして、その数時間後、「やっぱり返して欲しい」と1万円を返してもらうように言い、その時の悲しみを数値にしてもらいました。

この結果

1万円をもらった時の嬉しさ=1万円が出ていった時の悲しさ

では無いことが明らかになりました。
もともとなかった1万円だったのですが、
多くの被験者が元の状態よりも1万円が出ていった状態の方が悲しみが大きかったのです。

これはよく「行動経済学」で
「プロスペクト理論」と呼ばれている法則です。

そして、トレードの損切でも、この法則が多くの人に当てはまっており、利確はすぐできるのに、損切りは待ち続けて、その結果大損失を招いてしまう。
という、負の状態におちいるのです。

トレードの基本は「損少利大」と言われますが、人間の本能はその逆のトレードをしようと仕向けてくるのです。

だから、トレードで大事な要素に「メンタル」とほとんどの方が言いますが、その通り人間の本能に抗わないと勝てないということになるのです。

すごいですよね。そこまでトレードは奥深いの??っと皆さん思われたのではないでしょうか。そう、そこまで奥深いんです。

しかし、実際にではどうすれば本能に打ち勝てるの?と、多くの人が知りたいと思います。

僕がたどり着いた答えはこれでした

「本能に勝とうとしない。むしろ寄り添う」

ということです。

勝とうとすると、負けた時は自分がさらにしんどくなり、生活に支障がでてきます。

・ダイエットで「一日30分運動しよう」と思っても、寝てしまった。
・貯金しようと思ったけど、ギャンブルに使ってしまった。
・我慢しようとしてたけど、ついつい買ってしまった。

なんて、経験は誰しもあるのではないでしょうか?
そのような人間の本能は抑えれば抑えるほど、大きくなってしまいます。

なので、それらとしっかり寄り添う方法を選択するのです。そして、その方法を今からお伝えします。

これからお伝えするのですが、

それは人間に頼らない方法です。

例えば、皆さんはお給料が口座に入り、額面が20万円だけど、口座に入っていたのは17万円だとすると、その17万円でやりくりしようとしますよね。(年金などが引かれて、文句を言っても戻ってこないですもんね。)

しかし、本当は17万円でやりくりできるのに、ふと20万円があればついつい使ってしまう。

そんな生き物なのです。
これは私を含めてみんなそうだと思います。
(しっかりと貯めれてる方はすみません)

それをトレードに応用します!
その方法とは

エントリーをした際にすぐに
「決済注文」を機械的に行うのです。

利確の際はそこまで意識しなくても良いですが、「損切」の注文を自分の意思で決済できないようなときに行いましょう。

そして最後に再度重要なマインドセットを
皆さんにお伝えします

《ロスカット=損失という考え方はダメ》

これも、マインドセットの話になるのですが、自己評価が低い人はロスカットに躊躇する傾向にあります。

それは、自己評価が低い人は、お金や友人など自分以外のものが自分自身の価値に直結していると考えやすいからです。

(逆に自己評価が高く、客観的に物事を捉えることができている人は「お金や地位は自分を飾るための表面的な要素でしかない」ことを理解しています)

その結果、お金を失うことは自分の価値を下げることだと感じるので、ロスカットに抵抗してしまうのです。

僕も、ベンチャーの社長や起業家とよくお話をさせてもらう機会もありますが、彼らのほとんどがはセルフイメージが高い傾向にあります。

何度失敗しても、それを恐れず挑戦します。
トレードに置き換えると、お金を失うことを恐れないのです。

目先の損失よりと、将来的な成功を目標にするのです。

それでは、今日から皆さんもこの考え方を知ったので、勝てるトレーダーに一歩前進したと思います。

「9割が負ける」と言われるFXでその9割の考え方になってはいけません。まずは思考から勝てる思考を身につけ、その次に行動にしていくのです。そうすれば、必ずあなたも勝てるトレーダーになれます!ここから人生逆転していきましょう。

それでは本日の講座は以上です。本日は資金管理について重要な損切りのお話でした。明日からは折り返しということで、また違った話題を提供できるようにして見たいと思います。

それでは本日もありがとうございました。

ブログランキングにも参加したので、クリックお願いします。


為替・FXランキング